新車情報ニュース@まとめブログ
新車情報ニュース@まとめブログ > メルセデス > 清水和夫が18年前のメルセデスE55 AMGを衝動買いした理由とは?(carview!)

清水和夫が18年前のメルセデスE55 AMGを衝動買いした理由とは?(carview!)


W210型のメルセデス「E55 AMG」を衝動買いした

最近衝動買いしたW210型の「E55 AMG」の走りの良さに、私は乗る度に感動している。同じW210の「E320 4マチック」には13年も乗っていたので、W210には特別な感情があったのだが、別れはやってくる。スクラップインセンティブでW212のディーゼルに乗り換えると、あのW210のトロッとした乗り味はもうなくなっていた。最近のメルセデスはスポーティになりすぎていないだろうか?

【写真】最新のEクラスクーペは後席も使える

そんな中、W210の味が忘れることができずにいたところ、偶然出会った1999年式のE55 AMGに私は飛びついた。5.6L SOHC V8という自然吸気のマルチシリンダーはもはや絶滅危惧種。さっそく車検を取り、整備する。タイヤとバッテリーが新品になったとき、あのE55の感動的な走りが甦った。全幅は1800mmなので最新のCクラスと同じだが、車高が低いにも関わらず乗り心地が素晴らしくいい。サスペンションはドノーマルだ。

E55 AMGでとあるテストコースのワインディングを走ったとき、W210(2代目Eクラス、1995~2003年)はW124(初代Eクラス、1985~95年)にも負けない名車だと確信した。凹凸のある路面だと車高が低いのでフルバンプしているはずなのに、バンプラバーの特性が絶妙なのだ。フルバンプの反動でもサスペンションは伸び切らない。車体が路面に吸いつく感じがE55の安心感につながっている。さらにスピードをアップするとますます路面に吸いつく。タコの吸盤のような吸いつき感だ。

星で評価する今のオフセットテストは意味が無い!?

この時代のメルセデス・ベンツは攻めまくっていた。1997年には「Aクラス」と「スマート」を発表し、W210の「Eクラス」も誕生した。メルセデスがコンパクトカー市場に参入したのは、ユーザーのライフスタイルの変化を感じたからだ。しかし、コンパクトカーの安全性を考慮すると、Eクラスや「Sクラス」といった大型車の車体構造も(衝突時にコンパクトカー側の安全性を高めるために)変える必要が出てきた。

「ユーロNCAPやIIHS(米国道路安全保険協会)が実施する“64km/hのオフセット衝突テスト”はボディの負荷をテストするには都合が良いのですが、事故時の安全性に関してはあまり意味がありません」とメルセデスの安全技術の責任者であるインゴ・カリーナ氏は述べている。もともとオフセットテストは1973年にメルセデスが考案したものであり、98年10月には欧州の法規準となっている。それでも意味はないのだろうか?

カリーナ氏は「ボディ構造の開発手段としてメルセデスでは早くからオフセットテストを採用してきました。いまでもこれ以上の実験はないと考えています。しかし安全情報として64km/hオフセット衝突テストで、星によってランク付けするのは意味がありません」。

カリーナ氏は続けて「清水さん、事故調査こそが真実を計る物差しです。この調査なくして効果的な安全対策は考えられません。衝突テストはあくまでもボディを開発する実験手段なのです」。さらに「大きなクルマが64km/hオフセットで良い成績を取りに行くと剛性はさらに高まり、小型車にとって不利な結果を導きます」と心配していた。

次ページは:共存というコンセプトを導入したメルセデスの社会性

引用元:この記事を読む


車を買い替えたい場合

車買い替えの際は、近くの中古車屋で売ってはいけません。一括査定サービスを使うと数万円~数十万円アップことがあります。おすすめは以下のサービス。

01位

かんたん車査定ガイド

★★★★★
使いやすさNO1

かんたん車査定ガイドは数百社の中から10社に見積もり比較してくれます。

02位

カーセンサー

★★★☆☆
評価基準が違うので合わせて調べましょう

規模の大きさで選ぶならこちらもおすすめ。販路が全国規模にあります。五十音、都道府県からの店舗検索はもちろんのこと、郵便番号からお住まいの地域でも探すことができます。