新車情報ニュース@まとめブログ
新車情報ニュース@まとめブログ > 未分類 > ランボルギーニの新型SUVウルスの全貌が明らかに(carview!)

ランボルギーニの新型SUVウルスの全貌が明らかに(carview!)


かねてより注目度の高かったランボルギーニの新型SUV「ウルス」がその全貌を明らかにした。ランボルギーニのDNAをあますことなく注ぎ込んだとされるウルス。圧倒的な動力性能を持ち、一方で日常の移動も快適にこなすスーパーSUVに仕上がっているという。

【内装、その他の写真、スペック】

エンジンは4リッターV8ツインターボを搭載し、最高出力650hp、最大トルク850Nmという超ハイスペックを誇る。0-100km/h加速は3.6秒、最高速305km/hという性能データは数ある高性能SUVのなかでも群を抜いている。

これだけのパフォーマンスを持ちながら、街中ではイージードライブが楽しめ、長距離移動も快適にこなせるというから驚きだ。たとえばエンジンはわずか2250回転で最大トルクを発生し、その数値が4500rpmまで持続する。車重は2200kgに及ぶが、リッターあたり163hpもの出力があればグイグイと引っ張ってくれるだろう。

トランスミッションには8速オートマチックを組み合わせており、ストップ&ゴーを繰り返すような場面でもギクシャクすることはなさそうだ。一方で専用開発されたトルクコンバータとロックアップ制御により、アクセルをぐっと踏み込んだ場合ではレスポンスの良い加速が得られ、その反対に高速道路をゆったり走るような場面では低い回転数で効率の良いクルージングが可能という。

駆動系にはトルクベクタリング機能を持つ4WDシステムを備え、通常状態では前後40:60の割合で駆動力を配分する。そして路面状況や走行パターンに合わせてフロントに最大70%、リアには最大87%を配分。常に最適なトラクション性能が得られるとのことだ。スーパースポーツにおいても4WDが多いランボルギーニだけにウルスにも蓄積された経験や技術が生かされていることが期待できそうだ。

さらにウルスは後輪操舵システムを備える。アヴェンタドールS譲りのこのシステムは、リアタイヤの向きを直線状態から最大3度ステアできるというもの。これにより低速域ではホイールベースが実際よりも600mm短いクルマと同等の小回り性を発揮し、高速走行では反対にフロントタイヤと同じ方向にステアすることで、車両の操縦安定感が高まるという。なおボディサイズは全長5112mm×全幅2016mm×全高1638mm、ホイールベースは3003mmとなっている。

ウルスの発売は2018年春が予定され、 日本でのメーカー希望小売価格は2574万円に設定される。

引用元:この記事を読む


車を買い替えたい場合

車買い替えの際は、近くの中古車屋で売ってはいけません。一括査定サービスを使うと数万円~数十万円アップことがあります。おすすめは以下のサービス。

01位

かんたん車査定ガイド

★★★★★
使いやすさNO1

かんたん車査定ガイドは数百社の中から10社に見積もり比較してくれます。

02位

カーセンサー

★★★☆☆
評価基準が違うので合わせて調べましょう

規模の大きさで選ぶならこちらもおすすめ。販路が全国規模にあります。五十音、都道府県からの店舗検索はもちろんのこと、郵便番号からお住まいの地域でも探すことができます。