新車情報ニュース@まとめブログ
新車情報ニュース@まとめブログ > スズキ > スズキ、東京オートサロンにスイフトのカスタムカー出展(carview!)

スズキ、東京オートサロンにスイフトのカスタムカー出展(carview!)


スズキは1月13日から15日にかけて千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2017に、新型「スイフト」をベースとしたカスタマイズモデルなど3台の参考出品車を出展すると明らかにした。

【写真をもっと見る】

目玉モデルのひとつ「スイフト レーサー RS」は、新型スイフトをベースとするカスタマイズモデル。昨年12月27日に発表された新型スイフトは、スタイリングを進化させるとともに、最大120kgにも及ぶ大幅な軽量化や1リッターダウンサイジングターボエンジンの設定など新しい特徴を持つ。

カスタマイズモデルでは、MotoGP(二輪のロードレース世界選手権)に参戦する「チームスズキ エクスター」のトリトンブルーのカラーリングを採用し、さらに専用シートや17インチアルミホイールを装着するなどして、スイフトのスポーティなイメージを際立たせている。

もう1台の「イグニス モトクロッサー スタイル」は、イグニスのコンセプトである“コンパクトクロスオーバースタイル”に、オフロードレースの世界観を加えたモデル。2輪のモトクロスをイメージしたチャンピオンイエローの車体にデカールを施し、存在感をアップ。さらにオフロードタイヤを装着することで、アクティブなイメージを演出した。

「スペーシア カスタムZ プレミアム」は、新型スペーシア カスタムZの迫力をさらに強調し、高級感や重厚感を高めたモデル。ブラックのボディカラーに大粒のメタリックフレークをあしらい、ルーフやシート表皮にはホワイトのクロコダイル柄レザーを採用。ホイールは16インチサイズを装着し、カスタム感を高めた。

なおスズキはこれらの参考出品車のほか、新型スイフトやソリオハイブリッド、新型スペーシア カスタムZターボなどの市販モデルの展示も予定している。

引用元:この記事を読む


車を買い替えたい場合

車買い替えの際は、近くの中古車屋で売ってはいけません。一括査定サービスを使うと数万円~数十万円アップことがあります。おすすめは以下のサービス。

01位

かんたん車査定ガイド

★★★★★
使いやすさNO1

かんたん車査定ガイドは数百社の中から10社に見積もり比較してくれます。

02位

カーセンサー

★★★☆☆
評価基準が違うので合わせて調べましょう

規模の大きさで選ぶならこちらもおすすめ。販路が全国規模にあります。五十音、都道府県からの店舗検索はもちろんのこと、郵便番号からお住まいの地域でも探すことができます。