新車情報ニュース@まとめブログ
新車情報ニュース@まとめブログ > トヨタ > コンパクトカー(国産車) 人気オススメランキング 2017冬【新車編】

コンパクトカー(国産車) 人気オススメランキング 2017冬【新車編】


車種選びにお悩みの方へ。コリズム編集長で車評論家の大岡氏に、
この冬新車でおすすめのコンパクトカー(国産車)を聞きました。

トップへ戻る

  • コンパクトカー ランキング ベスト1 スバル インプレッサ

    スバル インプレッサ

    インプレッサは、2016年10月にフルモデルチェンジし5代目となった。今回のフルモデルチェンジは、先代モデルに対して想像を超えるほどすべての面で大幅に進化した。このモデルから、プラットフォーム(車台)は刷新されSGP(スバル グローバル プラッフォーム)が採用されている。この新プラットフォームにより、走りは格段に向上。ステアリング操作に対してクルマが素直にレスポンス良く動く。強固なボディをもったことで、サスペンションがスムースに動きリヤサスペンションは驚くほど、シッカリと路面をつかみ放さないのでとても安定感がある。また、安全装備面では国産車初となる歩行者用エアバッグを標準装備としながら、価格は200万円を切るというリーズナブルな設定となっているのも高く評価したい。こうした総合力の高さが評価され、2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

  • コンパクトカー ランキング ベスト2 マツダ アクセラ

    マツダ アクセラ

    アクセラは、2016年7月に大幅改良が行われ。この改良により、アクセラは非常に魅力的なコンパクトカーになった。この大幅改良では、エンジンラインアップが大幅に見直された。2.0Lガソリン車が廃止され、CX-3にも搭載されている1.5Lクリーンディーゼルが新たに登場。アクセラスポーツ(5ドアハッチバック)には、1.5Lと2.2Lのクリーンディーゼル、1.5Lガソリンを搭載。アクセラセダンには、1.5Lガソリンと2.2Lクリーンディーゼル、そして2.0Lハイブリッドが用意されている。ようやく1.5Lディーゼルが搭載された、といった印象。アクセラはCセグメントに属するコンパクトカーなので、やはり価格も重要。2.2Lディーゼルは、圧倒的な速さを誇り魅力的だったが価格が高過ぎた。それだけに、実用できて適度にスポーティな1.5Lディーゼルの搭載が待たれていた。これで、低燃費でパワフル、価格もリーズナブルという顧客メリットが提示でき売れるクルマとなった。また、今回の大幅改良では、こちらも待望の歩行者検知式自動ブレーキ「アドバンスト スマート・シティ・ブレーキ・サポート」が一部のグレードを除き標準装備化された。

  • コンパクトカー ランキング ベスト3 日産 ノート e-POWER

    日産 ノート e-POWER

    2016年11月、ノートにシリーズハイブリッドシステムを搭載したノートe-POWERが投入された。ノートe-POWERは、1.2Lエンジンを搭載し、エンジンは発電のみ。エンジンで発電された電力を使いモーターで走る。エンジンが搭載されているとはいえ、運転感覚は、EV(電気自動車)と同じだ。トヨタなどのパラレル式ハイブリッドとは違うドライブフィールは独特。価格も売れ筋グレードで200万円を切っていることもあり、発売直後からイッキに人気モデルとなった。2016年11月の新車販売台数では、日産車として30年ぶりのナンバー1となった。

コンパクト国産車ランキングベスト3 の 知って得する新車値引き交渉術

コンパクトカーと呼ばれるクラスには、微妙なサイズ差でAセグメントBセグメント、そしてCセグメントがある。日本ではこうした3つのセグメントをまとめてコンパクトカーと呼ばれることが多い。

コンパクトカーの競合の際セグメントに注意

値引きを引き出すためには、同じセグメント同士を競合させることが基本。インプレッサとアクセラはCセグメントに属し、ライバル車はプリウスやオーリス、フォルクスワーゲン ゴルフなどとなる。まずは、これらのクルマの見積りを取り競合させたい。マツダは基本値引きゼロという販売戦略を取っているため、基本的に値引きは厳しい。それでも、わずかな値引きや用品サービスなどを引き出すためには、インプレッサやゴルフと競合させたいところだ。
インプレッサは、まだデビュー直後なのでしばらく値引きは厳しい。とはいえ、アクセラやプリウス、ゴルフなどと競合させられれば、わずかながらでも値引き対応するしかないだろう。先方がしびれを切らせて値引き対応するしかないように、ジックリと長い期間をかけて商談するといいだろう。
Bセグメントに属するノートe-POWERのライバルは、アクアやデミオ、フィットなどの人気モデルとなる。ノートe-POWERは、デビュー直後なのとかなり人気が高いためしばらく値引きは厳しい状況が続くだろう。ただし、逆にアクアやデミオ、フィットを購入したいと思っているのであれば、必ずノートe-POWERの見積りを取って競合させたい。アクアはモデル後期に、フィットはマイナーチェンジ直前となっており、販売台数が落ちてきている。ディーラー側は、競争力が落ちてきているので値引きで対応する状況が続いているからだ。デミオは、値引きゼロ戦略を続けている。それでも、競合させることで、わずかな値引きや用品サービスなどを引き出すことが可能。

下取り車の金額差は大きい。必ず買取店で正しい下取り価格を知ろう

また、デミオの場合、値引きができないのなら、下取り車を高く買取るように商談するのもいいだろう。
そのためには、下取り車の正しい価格を知ることが重要。まずは、買取店へ行き査定してもらおう。その金額より下取り価格が悪ければ、買取店で売却すればいいだけだ。


引用元:この記事を読む


車を買い替えたい場合

車買い替えの際は、近くの中古車屋で売ってはいけません。一括査定サービスを使うと数万円~数十万円アップことがあります。おすすめは以下のサービス。

01位

かんたん車査定ガイド

★★★★★
使いやすさNO1

かんたん車査定ガイドは数百社の中から10社に見積もり比較してくれます。

02位

カーセンサー

★★★☆☆
評価基準が違うので合わせて調べましょう

規模の大きさで選ぶならこちらもおすすめ。販路が全国規模にあります。五十音、都道府県からの店舗検索はもちろんのこと、郵便番号からお住まいの地域でも探すことができます。