新車情報ニュース@まとめブログ
新車情報ニュース@まとめブログ > トヨタ > 【東京オートサロン2018】旧車から新車まで、幅広く対応するディクセルのブレーキパーツ

【東京オートサロン2018】旧車から新車まで、幅広く対応するディクセルのブレーキパーツ


旧車から新車まで、幅広く対応するディクセルのブレーキパーツ

アフターのブレーキパーツをリリースするディクセルでは、最新のBMWM2クーペをベースとしたACシュニッツァーACL2と初代のトヨタセリカ(TA22)の2台を展示することで、旧車から最新のスポーツモデルまで、製品の幅広いランナップをアピールしています。
一方オリジナルのエアロパーツを装着し、ソリッドのグリーンで塗装されたACシュニッツァーACL2は、M235をベースにM4用3.0L直6エンジンを積んだもの。
そのブレーキは、オリジナルのカーボンローターを交換する際、パフォーマンスを落とすこと無くコストを下げたいというユーザーのために開発したというスチールローターとブレーキパッドの試作品が装着されていました。
一方、セリカ(TA22)に代表される旧車用パッド&ローターは、ライバルを寄せ付けない豊富なラインナップで、旧車乗りの間では「メーカーに無ければ、まずディクセルに問い合わせしてみれば?」と言われるほどになっているそうです。(CarMe)

引用元:この記事を読む


車を買い替えたい場合

車買い替えの際は、近くの中古車屋で売ってはいけません。一括査定サービスを使うと数万円~数十万円アップことがあります。おすすめは以下のサービス。

01位

かんたん車査定ガイド

★★★★★
使いやすさNO1

かんたん車査定ガイドは数百社の中から10社に見積もり比較してくれます。

02位

カーセンサー

★★★☆☆
評価基準が違うので合わせて調べましょう

規模の大きさで選ぶならこちらもおすすめ。販路が全国規模にあります。五十音、都道府県からの店舗検索はもちろんのこと、郵便番号からお住まいの地域でも探すことができます。