新車情報ニュース@まとめブログ
新車情報ニュース@まとめブログ > スズキ > 【新車】スズキ スイフトスポーツ登場! 新型スイスポはまるで牛丼。その心は「安い」「うまい」「はやい」

【新車】スズキ スイフトスポーツ登場! 新型スイスポはまるで牛丼。その心は「安い」「うまい」「はやい」


ついに登場しましたね。新しいスイフトスポーツ。略して「スイスポ」と呼んだほうがしっくりくるのでここでもそう呼びましょう。

スズキの人の前でこんなことを言ったら露骨に嫌な顔をされそうなのでこっそり書きますが、新しいスイスポって牛丼みたいじゃないですか。あの有名なキャッチフレーズの「はやい、うまい、安い」ってやつです。

まずは「はやい」。だって、今度のスイフトはターボエンジンですよ。

排気量が小さくなったのでパワーこそ先代と4psしかかわらない140psですが、トルクは230Nmと先代(160Nm)の約1.5倍。先代ってトルク不足でしたっけ? いやそんなことないですよね。じゃあトルクが約1.5倍にまで増えた結果、走りが力強くなるのは乗らなくたって想像できる。最大トルク発生回転数だって低いし。これは期待しないわけにはいかないでしょ。

自然吸気エンジンならではの拭け上がりの良さが失われてしまったんじゃないか、って?

その心配は杞憂です。だって、スイスポって先代だってそれほど高回転が気持ちよかったわけではないですからね。だから新型になってターボ化されたことのデメリットはないといっていいんですってば。

重くなったんじゃないかって? それは大丈夫。ターボが付いたにもかかわらずエンジンは1.6L自然吸気の先代より軽いんだから。凄いなスズキ。

参考までに加速タイムを先代に比べると、MT車の場合0-100kmは約20%向上、40-80km/hの追い越し加速は驚くことに約50%も向上。そんなに速くて、自然吸気エンジンを積むライバル勢はいったいどうするの?

ちなみにこのターボエンジン、先日エスクードに追加されたものと基本は同じユニットですがスイスポのキャラクターに合わせてよりスポーティにチューニングしてありますよ。出力も上がっているし、ガソリンもハイオク仕様になっていますからね。

引用元:この記事を読む


車を買い替えたい場合

車買い替えの際は、近くの中古車屋で売ってはいけません。一括査定サービスを使うと数万円~数十万円アップことがあります。おすすめは以下のサービス。

01位

かんたん車査定ガイド

★★★★★
使いやすさNO1

かんたん車査定ガイドは数百社の中から10社に見積もり比較してくれます。

02位

カーセンサー

★★★☆☆
評価基準が違うので合わせて調べましょう

規模の大きさで選ぶならこちらもおすすめ。販路が全国規模にあります。五十音、都道府県からの店舗検索はもちろんのこと、郵便番号からお住まいの地域でも探すことができます。